どこにでもあるビギナー向けの外国為替証拠金取引の教科書では、「損をしたケースではナンピン買いしてポジションの価格を低くする事が出来る」等と助言されているが実際はこれには目に見えない危険性があると考えます。まず、ナンピンの方法について説明しておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いということでドル高に動くほど黒字が大きくなるわけですが逆に1ドル=95円までドル安に推移したとします。その場面でポジションを所有し続けたら、損がなくなるまでには、円高になった分、ドル高に向わなければなりません。みんな、マイナスは早めに回復したいと考えるでしょう。そこではじめに取引したのと同じ量の$(ドル)を1ドル95円で買い増します。それで、平均のコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。要するに、半分の幅で円安ドル高が進めば、損失を失くすことが出来ます。それが、ナンピン買いのやり方です。このように、ナンピンの理論を知ると、「もっともだ」と思ったりするが、為替はそう簡単には思うようにはいきません。もとより、1ドル=95円が底値だということなど、誰一人として分かるわけがありません。仮定として、マーケットがかなりの円高ドル安地合であれば1ドル=95円では下げ止まることなく、更に一段の円高に進む確率が高いです。たとえば、97円50銭でナンピン買いをするとしても、1ドル=95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピン買いしたポジションについても差損が生じます。こういう状態では一番初めに持ったポジションと合わさって、二重の損失を被ります。それほど、ナンピンは難解です。それなら、マーケットが自分の筋書きとは逆向きに進む場合どういう手段で危険性を回避すればいいのでしょうか。ここで取るべき対策は2つしかありません。まずはじめはあきらめて、損切りをすること。もうひとりは、その時に、自分自身が保有しているポジションを少なくして、市場が回復するのを動かないで待つ事です。ちょっと大人しい手法だと言う投資家もいるでしょう。だけど、所有している買いポジションに為替差損が出た時有効な手法はこれ以上のものはあるはずがありません。無論、理論としてはナンピンをするという術もあるように思えます。だがしかしナンピンは、自分が損失を披っている状態で、買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを買い増していく考え方です。この方法では、危機を削減することなど、どう頑張ってもやりようがないと思ったほうがいいです。ナンピン買いを続ければ最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。けれども、それより前にお金がショートしてしまうだろう。